乳腺外来 胃腸科・内科受診のことなら豊田魚津クリニック

2009年12月20日

便秘の治療14

roubai24.jpg
ロウバイ(http://www.hana300.com/aakaisetu.html画像提供)

刺激性下剤とは?

 刺激性下剤(センナ、大黄、ひまし油、ラキソベロン、他)とは大腸壁を直接刺激して収縮させ、便を移動させます。刺激性下剤は経口投与では6〜8時間で半固形状便の移動を起こしますが、腹部けいれんを起こすこともよくあります。長期連用で習慣化するので注意が必要です。


posted by toyotauozu at 11:13| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 便秘のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。