乳腺外来 胃腸科・内科受診のことなら豊田魚津クリニック

2006年10月01日

エコー検査のお話5

甲状腺腫瘍2.jpg
甲状腺腫瘍の試験穿刺

 超音波検査の有用性は画像診断だけではありません。たとえば、
(1)体表から触知しない深部の乳腺腫瘤や甲状腺腫瘤(今回の画像)、また体内に貯留した液体を画像で見ながら穿刺し、細胞を採取することで診断を確定する。
(2)体表から観察可能な血管の流速を測定する。
(3)閉塞性黄疸(エコー検査のお話3の画像)で超音波下に胆管を穿刺し胆汁を体外に誘導する。
 等です。ある程度の技量は必要ですが使いこなせば大変に便利な装置です。


posted by toyotauozu at 08:58| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ−検査のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。