乳腺外来 胃腸科・内科受診のことなら豊田魚津クリニック

2013年12月29日

門脈圧亢進症1

poinse[1].jpg
ポインセチア(http://www.hana300.com/aakaisetu.html画像提供)

 門脈圧亢進症とは?

 消化管から肝臓に流れる血流を門脈と呼びます。主に腸管から栄養素や水分を運びます。この門脈の内圧が異常に高くなる状態を門脈圧亢進症と呼びます。原因の90%は肝硬変です。これに伴い、食道静脈瘤、胃静脈瘤、門脈圧亢進症性胃症、脾腫、貧血、腹水、肝性脳症などが出現します。診断は血液検査(肝機能検査など)、胃内視鏡検査、各種画像診断(CT、MRI、超音波検査など)により行われます。


posted by toyotauozu at 21:11| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝硬変のお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。