乳腺外来 胃腸科・内科受診のことなら豊田魚津クリニック

2007年05月06日

乳癌の関係因子10(乳癌とホルモン補充療法の関係)

ayame01.jpg
アヤメ(http://www.hana300.com/aakaisetu.html画像提供)

 更年期障害の治療に使われるホルモン補充療法(HRT)や、経口避妊薬(ピル)は乳癌の発症に関係あるのでしょうか?

更年期には女性ホルモンの分泌が低下し、のぼせ、ほてり、骨粗鬆症など種々の障害が出る病態です。HTRは女性ホルモンであるエストロゲン+プロゲステロンを補給しこれらを改善するものです。乳腺の細胞には増殖効果があるため、乳癌の発症リスクが高まるとされています。すなわち、定期的に乳癌検診を受けられることをお勧めします。
ピルについては明らかに乳癌の発症との関連はっきりしていません。


posted by toyotauozu at 17:20| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳癌の関係因子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。