乳腺外来 胃腸科・内科受診のことなら豊田魚津クリニック

2007年05月13日

乳癌の関係因子12(乳癌と遺伝の関係2)

hamana6.jpg
ハマナス(http://www.hana300.com/aakaisetu.html画像提供)

遺伝性の乳癌を予防できますか?

 乳癌の遺伝子変異を持つ女性に対し、予防的に乳房切除術の施行や抗女性ホルモン作用のある薬を投与することで乳癌の発症が減少したとの報告があります。すなわち予防的治療は遺伝子診断と組み合わせれば成果が上がる可能性があります。
 種々の理由から、日本では予防的治療が保健適応になっていません。これは、費用の問題以外に遺伝子変異を持つ女性が必ず乳癌を発症するわけではなく、正常の乳房や卵巣を切除することに抵抗があるためと思われます。
 従って、遺伝性の乳癌家系が疑われる女性は、乳腺専門医の定期検診をしっかり受けて早期発見に備えることが必要です。


posted by toyotauozu at 07:09| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳癌の関係因子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。