乳腺外来 胃腸科・内科受診のことなら豊田魚津クリニック

2007年07月08日

乳癌の診断16(患者の対応5)

hosenk.jpg
ホウセンカ(http://www.hana300.com/aakaisetu.html画像提供)


 セカンドオピニオンを受ける意義は?

 セカンドオピニオンとは『第二の意見』です。即ち、他の乳癌専門医に意見を求めることで、現在受けている診療をもっと安心、納得して受けていただくことが目的です。
具体的には、乳癌が確定した場合、手術治療、放射線治療、抗癌剤治療、抗女性ホルモン治療などから、どのような治療をどのような順序で行うかです。また、転移や再発した場合はどのよう治療を行うかです。
もし、最初の主治医の説明に納得がいかない場合は治療を行う医療機関を変える可能性もあります。


posted by toyotauozu at 20:58| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳癌の鑑別診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

その他の乳腺疾患(乳癌の鑑別診断4)

サイネリア.jpg
サイネリア

 乳癌との鑑別が必要なその他の乳腺疾患は?
乳管内乳頭腫:乳頭近くの太い乳管の中に発生する比較的硬い腫瘍です。乳頭から赤黒い血液混じりの分泌液が滲むことがあります。分泌液の細胞診で癌の有無を診断します。
急性乳腺炎:授乳時に逆流性感染で炎症を起こすものです。皮膚の発赤や痛みを認め、炎症性乳癌との鑑別が問題になる場合があります。
悪性リンパ腫:癌ではありませんが悪性疾患で全身病です。
posted by toyotauozu at 00:10| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳癌の鑑別診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

女性化乳房のお話3(乳癌の鑑別診断3)

睡蓮2.jpg
睡蓮2

 女性化乳房の治療は?
基本的には治療を行いませんが、痛みが強くて日常生活に差し支える場合は治療の適応となります。
原因が薬剤である場合可能であれば中止します。
それ以外の場合は女性ホルモンの作用を抑制する薬剤を使用します。
posted by toyotauozu at 00:40| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳癌の鑑別診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

女性化乳房のお話2(乳癌の鑑別診断3)

マツバギク.jpg
マツバギク

 女性化乳房はどのように発生するの?
原因別に以下の如く分類されます。
(1) 思春期乳房 → 思春期に大量出る男性ホルモンに若干の女性ホルモン作用があるために発生する。
(2) 男性更年期による女性化乳房 → 50才代以降、男性ホルモンの分泌低下により発生する。
(3) 薬剤の副作用による女性化乳房 → 漢方薬や一部の利尿剤の副作用で発生する。
(4) 肝機能障害による女性化乳房 → 肝臓での女性ホルモン分解低下で相対的過剰から発生する。
いずれにしても、専門医に御相談下さい。
posted by toyotauozu at 07:09| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳癌の鑑別診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

女性化乳房のお話1(乳癌の鑑別診断3)

睡蓮.jpg
睡蓮

 男性でも乳腺の病気はあるの?
もちろん、男性にも乳腺は存在し乳癌もあります。但し、乳癌の発症は女性の1/100です。
男性乳癌の鑑別として多いのは女性化乳房です。これは、性ホルモンのバランス異常から発生するもので、別名、男性乳腺症といわれます。主な症状は乳腺全体の腫大と痛みです。
posted by toyotauozu at 10:47| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 乳癌の鑑別診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

乳腺線維腺腫のお話3(乳癌の鑑別診断2)

スライド1.JPG
葉状肉腫(径1.5cm)の超音波像

 乳腺線維腺腫から癌になることは?
基本的に良性腫瘍ですが、その内2〜5%に悪性化し葉状肉腫となります。すなわち、数ヶ月の間に急激に増大し、血行性転移を起こすことがあります。線維腺腫と診断されても大きめの腫瘍は切除することをお勧めします。
posted by toyotauozu at 07:03| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳癌の鑑別診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

乳腺線維腺腫のお話2(乳癌の鑑別診断2)

eyes0330.jpg
木の実

 乳腺線維腺腫の治療は?
基本的に良性腫瘍であり経過観察で良いと思われます。特に多発性の場合や小さな腫瘤や深部に腫瘤があり触知不能なら経過観察でもOKです。但し、癌との鑑別が困難であれば直視下や超音波下の針生検、試験切除で確認する必要があります。

posted by toyotauozu at 06:49| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳癌の鑑別診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

乳腺線維腺腫のお話1(乳癌の鑑別診断2)

ドングリ.jpg
ドングリ

 乳腺線維腺腫とは乳癌との鑑別診断で第二に上げられるものです。10才代〜20才代の、比較的若い女性に好発し多発性発生が多く見られます。触ってみると平滑な腫瘤ですが、指先から逃げる様に滑ります。
超音波検査では横長の平滑楕円形の腫瘤であることが多いようです。マンモグラフィ−検査では時に粗大な石灰化を含む腫瘤としてとらえられます。
posted by toyotauozu at 06:53| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳癌の鑑別診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

乳腺症のお話6(乳癌の鑑別診断1)

冬の花1.jpg 
冬の花1

乳腺症は治るのですか?
生理が継続している間は、女性ホルモンが卵巣から分泌されるため乳腺症は治りません。更年期以降は女子ホルモンの分泌が低下し、このため、乳腺も萎縮し脂肪に置き換わります。従って、張りや痛みなどの症状も改善します。
posted by toyotauozu at 07:59| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳癌の鑑別診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

乳腺症のお話5(乳癌の鑑別診断1)

紅葉.jpg
紅葉

 乳腺症と乳癌の関係は?
現在、乳腺症は乳癌と無関係とされています。但し、乳腺症の人に乳癌が発症した場合、しこりの発見が遅れることがあります。自己診察や乳腺外来での精査を受ける場合は乳腺症の影響が少ない生理終了の直後をお勧めします。
posted by toyotauozu at 07:01| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳癌の鑑別診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

乳腺症のお話4(乳癌の鑑別診断1)

乳腺症の超音波.jpg
乳腺症の超音波像

 乳腺症の診断はどのようにするのですか?
超音波診断が最も有効です。斑状とか豹皮状の乳腺が特徴的(本日の画像)です。これは、黒っぽい部分が増殖した乳腺で周囲の白っぽい間質を圧迫して張りや痛みなどの症状を引き起こしています。時に、暗黒色で球状の嚢胞を混じています。
増殖した乳腺が腫瘤を形成した場合、乳癌との鑑別が問題となります。
posted by toyotauozu at 06:15| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳癌の鑑別診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

乳腺症のお話3(乳癌の鑑別診断1)

秋の花3.jpg
秋の花3

 卵巣から卵胞ホルモンの分泌が減少し黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が有意になると、乳管は退縮性変化し周囲への圧迫は解除されます。これにより、乳房の痛みや張りは急激に改善します。実際には、生理が始まる時期に一致して症状が楽になります。
posted by toyotauozu at 06:29| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳癌の鑑別診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

乳腺症のお話2(乳癌の鑑別診断1)

秋の花2.jpg
秋の花2

 乳腺症のメカニズムは、生理の前に卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)によるものです。これが乳腺に直接作用して乳管の増殖を促進します。増殖した乳管が周囲の間質組織や神経を圧迫し、張りや痛みを引き起こすのです。また、他の乳管の走行を途絶すると乳管がせき止められ乳腺嚢胞を形成します。
posted by toyotauozu at 06:57| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 乳癌の鑑別診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

乳腺症のお話1(乳癌の鑑別診断1)

秋の花1.jpg
秋の花1

 乳腺症とは乳癌との鑑別診断で第一に上げられるものです。実は、病気と言うよりむしろ女性の生理現象なのです。症状は生理の前に乳房が張ったり、痛みを感じたり、触ってみるとまるでそば殻の枕のようです。
 どうです。『そういえば私も・・』と心当たりの方も多いのでは?
posted by toyotauozu at 06:25| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳癌の鑑別診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。